手仕事雑記帳
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ニットワンピース


fabric : 厚手のウールニット(ぽぷり)
pattern : ニットワンピース(Couleure)

年末にぽぷりさんのショコラcafeで厚手のウールニットがUPされたので、4色購入しました。
届いたときこのグレイベーシュだけは、ちょっと失敗だったかなと思ったお色でした。
ぱっと見、かなり地味なんです。
そうはいっても、これまでも生地の印象と、形になったときの印象とががらりとかわったことが何度もあったので、このグレイベージュもとにかく形にしてみることにしました。
アクセサリーやスカーフでいろいろ楽しめるように、シンプルなニットワンピースにしました。
先々週、ローブコートを縫ったときにも感じたのですが、厚手のニットはニットソーイングをしていることを忘れてしまうほど、扱いやすいですね。
Couleureさんのパターンはシンプルなものでも、どこか洗練されていて、着たときにすっきり見えるので、仕様書の簡単さとお値段に目をつぶって、ついつい購入してしまいます。
このワンピースも迷ったあげく購入したのですが、やっぱり素敵なものになりました。
丈が短めなので、ニットのレギンスかぴたっとしたパンツを合わせて着ようと思います。
残った生地でネックウォーマーも作りました。
Couleure comments(0) trackbacks(0)
チュニックベスト


fabric: 厚手のウールニット(ぽぷり)
pattern : チュニックベスト(Couleure)

ローブコートを作った残りのウールニットでベストを作りました。
このパターンはロング丈とショート丈を選ぶことができますが、今回はロング丈で。
チロルテープの刺繍のオレンジが生地色と似ていたので、V開き部分につけてみました。
ウールニットのふんわり感がフォークロア調のテープとよくあってると自己満足。
ほんの少し残ったテープは脇に挟みこみました。
ベストは温度調節に便利なので、戸外と室内の温度差が大きい季節には何枚あってもいいですね。



縦長に生地がまた残ったので、タートルの残りのニットと縫い合わせてマフラーにしました。
Couleure comments(0) trackbacks(0)
タック&フリルブラウス


fabric: コットンプリント(Couleure)
pattern: タック&フリルブラウス(Couleure)

何年か前にクルールさんで購入したコットンプリント。
確か三色展開だったと思います。
これはベージュに赤と茶のラフなタッチの草花がプリントされています。
生地のときはベージュが地味な気がしていたのですが、実際に形にして肌に重ねると、とてもかわいらしいんです!小花の赤と茶も生クリームをちょっと混ぜたようなやさしい色なので、キモチまでふんわりとしてしまいそう。
ぱっと目立つわけではないけれど、目を惹くブラウスになったと思います。
ギャザー部分がタックに隠れるので、甘さがずいぶん抑えられたようです。
デニムのスキニーと良い相性でした♪


Couleure comments(2) trackbacks(0)
シガレットパンツ


fabric : ストレッチデニム(CHECK&STRIPE)
pattern : シガレットパンツ(couleure)

8月も残すところあとふつかになってしまいました。
まだまだ作りたいキャミソールやノースリーブのワンピースもあるのですが、来年まで持ち越しとすることにしました。
今すぐ〜秋にも着られるものを作っていこう!とまずはパンツから。
シガレットパンツに挑戦。クルールさんのパターンはトップス、ワンピースは7号、ボトムは9号で選んでいます。
でもシガレットパンツは7号にした方がよさがでたかもしれません。
ぴちっと感のないシガレットパンツになってしまいました。
とはいえ、これはこれできれいなシルエットのパンツなんですけどね。
ぱつぱつに履きたいので、もう一枚、補正して作ってみようと思います。


Couleure comments(0) trackbacks(0)
ロイヤルブルーのテントラインワンピース


fabric : ロイヤルブルーのリネン(ぽぷり)
pattern : テントラインワンピース(couleure)

夏になるとはっと目を惹く鮮やかなカラーを身につけたくなるのは太陽のせいでしょうか。
オレンジ、ピンク、イエロー・・・普段はどちらかというと敬遠してしまう色をすんなり受け入れられます。
このブルーも夏でなくてはワンピースにしようなどと思いも寄らない色。
ロイヤルブルーは英国皇室のオフィシャルカラーだそうです。
そういえばこの色のスーツやワンピース姿のダイアナ妃の印象が鮮明に残っています。
先週、ハワイアンプリントで作ったワンピースと同じパターンですが、無地だとまた全然違った雰囲気になりました。
汗かきながらの外での撮影より、エアコンのきいた室内の方があうワンピースですよね。
といいながら、着用画像もぺたっ。
白のベルトでもよさそうですね。


Couleure comments(0) trackbacks(0)
ハワイアンプリントのテントラインワンピース


fabric : ハワイアンプリント cotton (kathy Mom)
pattern : テントラインワンピース(couleure)

今年の夏は真っ青な空がなかなかお目にかかれません。長い長い梅雨のあとは台風。
夏が大好きなわたしは、このまま8月が終わってしまうのでは・・・と焦っています。
せめて夏らしい服でも作って、気持ちだけでも夏を感じようと、昔購入したハワイアンプリントをとりだしてきました。
大柄で作ってみたかったクルールさんのテントラインワンピースに形はすぐに決定。
パーツも少なく裁断、縫製ともにすいすいすすんで、短時間で完成しました。
ただ、ヨーク部分を厚紙で作ってきれいな丸みをだす手間を惜しんではいけないと再確認しました。
今回はプリント生地だったのでさほど気になりませんが、ヨークの美しい丸みがこのワンピースのポイントのひとつ。次回無地で作るときは、ひと手間増やします!
太いベルトをしても、細いものを二重にしてもかわいいです♪

Couleure comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |